文字サイズ
標準

インタビュー

盛 辰 インタビュー

盛 辰2014年4月 着任アプリケーションエンジニア

盛 辰コンピュータサイエンス学部卒

(2015年時点)
新人教育研修後に、定航関係・グローバル支援チームに配属されました。

現在の担当業務

新人教育研修後に、定航関係・グローバル支援チームに配属されました。

現在の主な業務としては、商船三井定航部の会計システムの保守運用、定航ビジネスの刷新に伴うシステムの再構築などが挙げられます。同じ部署に配属された同期がおらず、最初の心細さはありましたが、丁寧に仕事を教えてくれる先輩、かっこいい先輩の姿を独占して吸収できるこの環境に恵まれていると感じています。

仕事の面白さやエピソード

現在、担当している会計システムのバックアップの見直し要件にて、自分が提案したリカバリポイントについてプロジェクトメンバーが真剣に検討して頂いたのは嬉しく思いました。システムの中にある膨大な量のログデータから必要なものを抽出し、分析して、自分なりの答えを提案できるまで一週間ほどかかりました。先輩方の協力を頂きながらもできるだけ正確さと納期遵守を心がけました。

毎日が目まぐるしく過ぎていき、今ではユーザの要求に対してどのデータが必要なのかを感じ取れるようになり、成長を実感しています。チャンスを逃がさないよう、日々努力したいと思っています。

この会社を選んだ理由

私は大学の時から少しずつコンピュータの勉強を初めていたこともあり、将来はITを使って世界中の人と協力し合いながら働きたいと考えていました。

そのため、グローバル企業でありながら、ITスキルを活かせられる会社に軸をおいて就職活動をしておりました。その中で、グローバルに事業を展開している商船三井グループをITで支えている商船三井システムズに魅力を感じました。また、ITスキルにとどまらず、海運業ならではの知識を習得できるのも一つの魅力だと考えています。

キャリアプラン

オフショア開発において、商船三井システムズのブリッジSEとしての役割を担うことが今の目標です。これは簡単なことではないと思いますが、まずは目の前にある仕事に全力を注ぎ、今後のステップアップを図りたいと思います。

入社前後を振り返って、先輩からの就職活動アドバイス!

周りの情報に惑わされず、自分の専攻にこだわらず、少しでも気になったらその会社の説明会に参加してみることは就活において大事なことの一つだと考えています。

会社説明会はその会社が持つビジョンや、業界の特性を知ることができる数少ない機会です。さらに言えば、タダで社会勉強できるチャンスです。その中で、自分に合う企業と出会えれば、きっと納得の行く"社会人スタート"が切れると思います。ぜひ頑張ってください。