文字サイズ
標準

インタビュー

千頭和 はるか インタビュー

千頭和 はるか2017年4月 着任アプリケーションエンジニア

千頭和 はるか外国語学部

(2018年時点)
商船三井が利用しているシステムの運用・保守業務を担当しています。

現在の担当業務

商船三井が利用している基幹システムの運用・保守業務を担当しています。システムの規模が大きいため、海運業や会計、ユーザーである商船三井の業務やシステムの仕様など、様々な知識が必要となります。
また開発業務は外部ベンダーに委託しているため、私の担当システムにおける当社の役割はユーザーと外部ベンダーの間に立ち、ユーザーが不便なくシステムを利用できるよう双方の立場からシステムをコントロールすることです。
現在は日々の勉強を続けながら、社内外と調整の上、ユーザーからの問合わせ対応を少しずつ担当しています。実際に担当を受け持つことで、勉強した知識の再確認や新たな発見へと繋がっています。

仕事の面白さやエピソード

海運業のシステムは様々ですが、特に船の情報を管理するシステムにおいては、システムの停止により船の運航が出来なくなってしまう場合があります。それほど社会的影響力の大きいシステムが全世界で利用されていることを考えると、私たちの業務は多くの人々の仕事や生活を支えていると言えます。
このように多くの人々に影響のあるシステムを担当できることが、この仕事のやりがいであり魅力だと感じています。

この会社を選んだ理由

IT業界は理系出身者が多くとっつき難い印象でしたが、就職活動を進めるうちに文系出身者も比較的多いことを知り、IT業界への就職も視野に入れるようになりました。その中でも、特定のユーザーとやり取りを行うユーザー系企業を希望していました。
当社は海運業に特化しており、当初は戸惑いもありましたが、なくてはならない海運業をシステムで支えるという仕事は、昔からいろいろな場面でサポート役にまわってきた私の性格に通じるものがあると考え、入社を決意しました。
また面接時には他社で感じていたような圧迫感や緊張感がなく、会社の良い雰囲気が感じられたことが入社の大きな決め手となりました。

キャリアプラン

現在は既に稼働中のシステムの運用・保守業務を担当していますが、いずれは新たなシステムの設計にも携わりたいと考えています。システム開発の上流工程に限らず、下流工程も経験することでSEとしての知見を深めていきたいです。

入社前後を振り返って、先輩からの就職活動アドバイス!

私は就職活動に大変苦戦しました。業界に縛られず、多くの企業をみることはもちろんですが、自分がどのような仕事をしたいか、またどのような性格であるのかを知っておくことが重要だと感じています。やりたい仕事ができることが一番ですが、様々な企業と自分の性格を照らし合わせて、自分に合った企業を見つけてください。
就職活動中は精神的にきついことも多々あるかとは思いますが、リフレッシュを忘れずに、無理はせず健康に気を付けて過ごしてください。最後の学生生活、悔いの残らないように楽しんでくださいね!