文字サイズ
標準

業務概要

外航海運業を中心に444社で構成される商船三井グループを支えます。

商船三井グループは運航規模において世界最大級である外航海運業を中心に物流・港湾ターミナル・フェリー・客船・不動産等の444社(2017年3月31日現在)の企業群からなる世界経済のインフラを支える総合輸送グループです。
グループ各社は事業セグメント毎に集約されていますので、その業務を処理するシステムに対する要求は事業セグメント毎に異なりますし、又、同セグメント内のグループ会社でも営業エリアの違いや事業規模の大小により、必要とするシステム機能や情報技術も異なります。
商船三井システムズはこのような様々なグループ企業からのシステム要請に応じるために、それぞれの分野で時流に沿った技術の適用や業務ノウハウの継承を行っています。

ここでは、採用後に担当いただく業務の概要について紹介します。

商船三井及び商船三井グループ各社のシステム構築・保守

  • 経営の根幹である「経理システム(全社システム)」、それにつながる情報を収集し分析する「部門システム」に分類できます。
  • 部門システムは商船三井グループの実務を担うシステムであり、外航海運・内航海運(フェリー)・船舶管理・陸運・物流(港湾/倉庫)・引越・保険・不動産等、多様な業務があります。
  • 各システムは法制度の改正や国際標準の変化、さらには事業内容の発展等により、5~10年で刷新あるいは新規構築が行われます。新事業の開始により新たにシステムが必要になることもありますので、小型案件から巨大なものまで毎年様々な開発プロジェクトが進行しています。過去に携わったシステムと関連するデータを扱うシステム開発プロジェクトに参画すると、グローバルで幅広い商船三井のビジネスを実感します。
  • ビジネス環境の変化に伴う稼動中システムへの機能追加や変更(保守)に柔軟に対応する必要があります。
  • それぞれのシステム規模が大きく、関連を意識すべき社内他システムが多いことが特徴で、顧客の要望と他システムとの整合性を検証のうえシステム化要求事項として整理してゆくことが主な業務です。
  • 世界から集まる・世界へ配信する莫大なデータを正確かつ効率的に処理することが醍醐味です。

商船三井における最近の開発実績

  • 営業各部の営業管理・精算システム
  • 制度会計システム
  • 安全運航を支援する船舶検船情報管理システム
  • 世界各地で運航する貨物船の燃料調達システム

商船三井グループ各社における最近の開発実績

  • 自動車船積付けシミュレーションシステム
  • フェリー旅客向け営業システム、船内営業システム
  • フェリー船員乗船計画システム、船員給与システム

商船三井及び商船三井グループ各社のネットワーク構築・保守

  • 商船三井と国内拠点に設置しているPC、サーバー、LAN/WAN、メールシステム、インターネット環境など情報システムのインフラ構築、維持管理の運用全般を担当します。
  • 商船三井グループ各社のPC、サーバー、LAN/WANのインフラを提案、構築や運用支援しています。
  • 情報システムの途絶はすぐさま大きな損害に繋がる為、信頼性やセキュリティの高いネットワーク環境を維持するため、先進の知識とスキルを得る事が出来ます。商船三井の要望に応じた最適な環境の設計・提案、導入とその後の運用まで一通りの理解が出来ます。
  • 担当の顧客の声を直接聞く事が出来ますので、導入の成果を直接感じる事が出来ます。
  • PC、ネットワークといった現在の業務に必要不可欠なインフラを、高い信頼性やセキュリティレベルを保ちながら維持しています。
  • 常に先進の知識・スキルを有し、商船三井の要望に応じた最適な環境の設計・提案、導入を行っています。