文字サイズ
標準

業務体制

安全・確実に業務を実施できる体制

商船三井グループのシステムやネットワークの構築・保守は、その規模や相互の関係性から、1人で行うことはできません。
都度、プロジェクトやチームなど、安全・確実に業務を実施できる体制を作ります。

案件により多少異なりますが、例えば次のような役割を持つ人たちが集まって業務を行います。

プロジェクトマネージャ

案件の当社総責任者として、プロジェクトメンバーの計画立案や、顧客やベンダーとの折衝を行い、プロジェクトのスムーズな進行を図ります。

プロジェクトリーダ/サブリーダ

構築するシステムやネットワークの全体を把握し、顧客とのコミュニケーションを通じて仕様を確定して構築作業を進めるSEとプログラマを指揮します。大規模なシステムやネットワークの場合は範囲を分割してサブリーダを配置します。幅広い経験と深い知識、そして顧客やプロジェクトメンバーとのコミュニケーション能力が要求されます。

アプリケーションエンジニア/インフラエンジニア

一まとめにして“SE”と呼ぶこともあり、技術領域を大きく2つに分割して、それぞれを得意分野とするスタッフを配置します。顧客の要望をヒアリングしてそれを「仕様」として設計してゆく中心的存在になります。プログラマやハードウェアベンダー/ネットワークベンダーを直接指揮する立場になりますので、担当分野の知識と経験、言葉や設計書の裏に潜む危険を予知する能力が必要です。

プログラマ

  • SEの設計に基づき、プログラムを開発します。システムやネットワークの安定性や効率に直接影響する業務を実施する、重要な役割です。
  • システム利用者の使いやすさ(ユーザビリティ・アクセシビリティ)向上を図るため、人間工学に基づいた画面等ユーザーインターフェース設計を、WEBデザイナーを交えて行うことがあります。見栄えと使い勝手のよさはそれだけで完成度を高める重要な要素です。