文字サイズ
標準

職種紹介

当社を支える中心的存在の「アプリケーションエンジニア」と「インフラエンジニア」

技術領域を大きく以下の2つに分割して、それぞれを得意分野とするスタッフを配置します。
顧客の要望をヒアリングして、それを「仕様」として設計していく中心的存在になります。

  • システムを開発・設計する「アプリケーションエンジニア」
  • システム基盤(インフラ)を構築・保守する「インフラエンジニア」

アプリケーションエンジニア

適切な情報技術を適用

システム開発の成否は、プログラミングだけで決まるものではありません。むしろ、顧客の業務と、顧客が実現したいことを正しく理解したうえで、いくつかの適切な情報技術を組み合わせて適用することに鍵があります。
世界を牽引するリーディングカンパニー・商船三井グループにとって、ビジネスの先例はありません。確実な成功へ導くため、顧客の話を聞くことに始まり、顧客の考えを設計書として経験に裏打ちされた技術を元に文書化する。このコミュニケーションを幾度となく繰り返してゆくことで、新しく創られてゆく総合海運を支える情報システムを構築し、維持しています。

以下に示すのはアプリケーションエンジニアの作業内容の例です。

局面 作業内容
業務分析 現在の業務がどのような手順で行われているか、どのぐらいの時間をかけて行われているか、等、システムに関係ない部分も含めて調査し、非効率な・無駄な業務の改善案を整理します。顧客自身が主体的に行う業務ですが、当社は分析結果を纏めたり業務改善のアイデアを提供する等、積極的に関わります。
要件定義 業務分析結果に基づき、システム化により業務効率の改善を見込める点やビジネスの拡大を見込める点に着目して、システム化のニーズを整理します。
概要設計 要件定義局面で策定されたシステム化要件に基づき、システム機能やデータベース構造を具体的に設計します。
仕様設計 概要設計をさらに詳細に、システム機能を分割したうえで各処理の内部機能を設計します。
プログラミング
・単体テスト
仕様設計に基づきプログラムを作成し、意図するとおりに動作することを確認します。
結合テスト
(機能テスト)
作成したプログラムを組み合わせ、仕様設計の要求どおりに機能することを確認します。
総合テスト
(システムテスト)
システム全体の動作を確認し、概要設計の要求どおりに動作することを確認します。並行して利用者向けのマニュアル(操作説明書)を作成します。
移行 納品とも言い、システムを構成するプログラム群と、現行業務ではシステム管理されていないデータや現行システムのデータを新システムに移行・登録します。
運用テスト 納品したシステムが要件定義局面で策定した顧客の要求どおりに動作し、新しい業務手順で機能することを、顧客自身に検証していただく局面です。システム利用場面に立ち会って操作説明も行います。
本稼動 顧客が運用テストの結果を元に、新システムを使った業務を開始してよいか判断します。検収とも言い、システム開発の終了を意味します。
サポート システム開発が終了した後も、顧客の新しいビジネスに対してシステムをどのように使えばよいかコンサルティングやアドバイスを行ったり、業務をより効率的にする技術を紹介し、稼動中のシステムに適用してゆくなどの支援を行います。システムを長期間安定的に運用するためには不可欠の業務です。

インフラエンジニア

ビジネスツールの基盤を構築・運用

インフラエンジニアは、社内では「インフラ担当」と呼ばれています。一般には、上下水道や高速道路のような社会基盤を「インフラ」と呼びますが、ITの世界も同様です。基幹システムや部門システムはもとより、PC、電子メールは、昨今のビジネスで欠かすことのできないツールです。これらの基盤を構築・運用するのが「インフラ担当」であるインフラエンジニアの仕事です。
一言でインフラエンジニアと言っても、その活躍の場は、実に様々です。

以下に示すのは、サーバー担当インフラエンジニアの作業内容の例です。

局面 作業内容
インフラ・運用設計 基幹システム、部門システム等の構築に際して、そのシステムを稼働させる上での様々なインフラ要件(利用ソフトウェア、利用者数、データボリューム、等々)及び、どのようなシステム運用が求められているのか(24時間365日ノンストップ運転、等々)を確認し、実現に向けた機器構成の検討を行います。システムが稼働してから、「しまった!」と思っても後の祭りです。様々な要件を踏まえつつ、適切なインフラ・運用設計を行うのが、インフラエンジニアの腕の見せ所です。
環境構築 「インフラ・運用設計書」に基づき、ソフトウェアの導入や各種設定作業を行います。単純そうに思える作業も一筋縄で行かないことも珍しくありません。先輩エンジニアやサポートベンダーの支援を受けながら、システムの基盤を構築します。
セキュリティ管理 「ウイルス」や「迷惑メール」、それに「不正アクセス」や「情報漏洩」等々、ITを取り巻く環境は、常に危険にさらされています。予期せぬトラブルでユーザーの業務に支障を来さぬよう、万全のセキュリティ対策を講じて、円滑な業務遂行を支えます。
予防と監視 障害を未然に防ぐことも、インフラエンジニアの重要な仕事です。サーバーが安全に稼働できるよう定期的にメンテナンスを実施します。また、些細な障害の兆候を捉えるべく、日々の監視も怠りません。
障害対応 どのような予防策を講じていても、障害発生を100%回避することはできません。障害が発生した場合は、迅速に復旧作業にあたります。万が一の障害発生に備えて、インフラ・運用設計でユーザー業務に影響を及ぼさないような配慮を行っておくことが肝要です。
技術検証 インフラ・運用設計の精度向上を図るため、様々な検技術証を積み重ねます。検証を繰り返すことで、適切な設計の礎が築けると共に、インフラエンジニアとしての技量も積み重なって行きます。
情報収集 日進月歩のIT業界にあって、情報収集は欠かすことができません。新しいものに飛びつくだけが情報収集ではありません。既に利用しているソフトウェアであっても、より効果的な利用方法があるかも知れません。常に好奇心と探求心を忘れず、広い視野を持ち続けることが、エンジニアとしての器量を育てます。